So-net無料ブログ作成

音楽家の 手

 
 弦楽器は男を美しくする、  と思います。

以前、友人とそんな話で小一時間盛り上がったことが
あります。わたしは、そのとき五嶋龍さんが大好きでした。
もちろん、今でも。
もともとの才能に加え、彼のお母さまと彼自身の努力が
すばらしい演奏へと結実していることは言うまでもありません。

ヴァイオリンを奏でる彼の指の美しいこと!

趣味である空手について、
「空手と物理はおなじ」
徹子さんにそんなことをおっしゃっていました。

そのことばに、ずっきゅん、としたわたし。

ねむれぬ夜、再放送のスーパーピアノレッスンを見ていました。
がっこうの総合図書館の3階にあった、ショパンの左手の石膏型
の複製をなつかしく思いました。
いつも遠回りして、かならずその手の前を通っていたわたし。
ガラスケースのうえで、そっと手を重ねて楽しんでいたわたし。

ガラスケースのなかのショパンの手は、
女性のそれのように、小さくて、
彼の曲そのもののように、繊細で、美しかった。
だけど、
ひんやりと冷たくて、病の気配がいたしました。







nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 2

akkoakko

chiakittenさんのドキドキが伝わってユーチューブ見る前にあの人のことだ!とすぐに分かりました。名前も知らない人だったけどすごく惹かれて見ていたのです。

by akkoakko (2010-10-11 02:05) 

chiakitten

akkoakkoさん、こんにちは。
こんな気まぐれなブログを変わらずご覧いただき、ありがとうございます。五嶋龍さん、素敵ですよね。おしゃれに無頓着そうで、ときどき寝ぐせのついたまま、演奏されたりしているのをみると、ますます、きゅーん、としてしまいます。
by chiakitten (2010-10-16 18:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。