So-net無料ブログ作成
検索選択

鎌倉、ペリアン、そしてこけし [art]


ずっと行きたかった、シャルロット・ペリアンの展覧会
最終日の今日、ようやく行ってまいりました。

ル・コルビュジエが苦手としたインテリア設計
ピエール・ジャンヌレとともに手がけたことで知られる、ペリアン。
《シェーズ・ロング》や《グラン・コンフォール》といった椅子は、
今でも色あせることのないデザインとして、愛され続けています。

坂倉準三設計の神奈川県立近代美術館で、
ペリアンの作品を見ることのできるよろこび。
坂倉とペリアンは、コルビュジエのアトリエで、
ともに研鑚を積んだ仲間でした。坂倉や、やはり
同じ時期にコルビュジエのアトリエにいた前川國男
との交流から、彼女は日本への関心を深めます。

そして、工芸指導所の招きによって来日。
柳宗悦らによる民芸運動や東北地方の生活調査から、
竹や藁蓑といった材料と出会い家具に応用するのです。

ペリアンの創作活動を、図面や写真、手紙、現存する家具などで
振りかえるこの展覧会。本でしか見たことがなかった資料や作品を
実見することができて、学ぶことの多い展覧会でした。

実はわたし、草月流の華道を長年やっているのですが、
草月の花材として、昔から竹が用いられることが多いのは、
もしかしたら創始者の勅使河原蒼風がペリアンから影響を
受けたのかなと思いました。丹下健三の草月会館の家具を
ペリアンが手がけていたりして、交流があるのです。

竹は、今では東洋を象徴するようなものと思われがちですが、
あくまでそれは「民芸」であって、日本美術の伝統として、
芸術的に重きを置かれることはありませんでした。

この展覧会、広島市現代美術館、目黒区美術館にも巡回する
ので、興味のある方は、ぜひご覧になってみて下さい。

そうそう、神奈川県立近代美術館といえば、鶴ヶ岡八幡宮の
境内にございます。もちろん初詣もしてまいりましたよ。

そのあとは、念願の沼田元氣先生のコケーシカへ。
かわいいこけしと出会い、ほくほくと連れ帰ったのでした。


IMG_3067.JPG

今年はじめてのお買いものは、こけし。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。