So-net無料ブログ作成
検索選択

切り通しをのぼったら [movie]


「きみ、何か言ったかい?」
「いや、何も・・・。」
「何か聞こえたような気がしたんだが・・・。」

サラサーテの「ツィゴイネルワイゼン」を聞きながら、
くり返されるこの会話。

そう、鈴木清順監督浪漫三部作のうち《ツィゴイネルワイゼン》
ユーロスペースにて観てまいりました(上映は2月3日までで終了)。

これは現実なのか、幻想なのか。
もしかしたら、その両者には区別などないのかもしれない。
鎌倉の街、海、山、ただそれだけが、実在するもののようで、
なんだか不思議な気がいたしました。
切り通しをのぼったら、そこはわたしの知らない世界。

蟹、うなぎの肝、瞳のゴミをぬぐう女の舌、血がしみた骨、熟れた桃・・・、
暗い画面のなかの印象的な、鮮やかな紅。

怖いのだけど、美しい。
死ととなり合わせの、美しさ。


ツィゴイネルワイゼン [DVD]




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。