So-net無料ブログ作成

12月の酔っぱらい


夜遅くに電車を待っていると、
見知らぬひとに話しかけられることが多い気がいたします。
そんなとき、わたしは、身に危険のおよばぬ程度に、
相づちを打ったり、心配をしたり、ほほえんだりするようにしています。

12月だからでしょうか。
今日は酔っぱらいのおじいさんに話しかけられました。

「好きなひとと結婚する のと 
好きなことを仕事にする のは むずかしい。
ぼくは好きなことを仕事にできたけれど、
好きなひとと結婚できなかった。
きみによく似たひとだった。
いまはもう亡きひと・・・。」

お酒のにおいのする、白い息をはきながら、
わたしに語ってくれたお話。
おじいさんは、きっとずっと
そのひとのことを好きなのだろう と思いました。
酔ったときに誰かに話したくなるほど、
そのひとのことを想っているのだろう と思いました。

「がんばれよ!」
ぽんやりと話をきいていたわたしにこう言って、
おじいさんは、よたよたと立ち去っていきました。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。